Lenovo ThinkPad T14 Gen 1 (AMD)を買った

Lenovo ThinkPad T14 Gen 1と交換用パーツ
年始からAsusのZephyrus G14を待っていたのだが発売されてみればUSキーボードを選択できず、
個人輸入するにもアメリカではBestBuy専売でそのBestBuyは転送業者を受け付けないというとにかく面倒なやつだったので諦めた。
今使っているノートPCもMacBook Airでゲーミングノートがどうしても必要というわけでもないので無難そうなLenovo ThinkPad T14を選択。
注文から到着まで5週間かかり発送を待っている間にTiger Lakeが載ったPCも発売されたがフラグシップモデルが優先されている様子だったのでキャンセルはしなかった。

  • Ryzen 7 PRO 4750U
  • 16GB
  • 128GB
  • US配列キーボード

という構成で114,972円。
ここに16GBのメモリを追加して、SSDも1TBのものと入れ替えた。
14万でRyzen 4750U, 32GB, 1TBのノートPCとなったので良い感じ。
楽天Rebatesから22994ポイント付与されることにもなっている。

X13やT14sを選ばなかったのは持ち運びはするが移動はバイクなので少々の重量は問題ないため。
これとは別にデスクトップがあるので15インチ以上のものには興味がなかった。

到着後びっくりしたのが余計なプリインストールアプリが無いこと。
Leonovo Vantageというソフトウェアがインストールされてはいるが、
これはLenovoから提供されるBIOSやドライバーをインストールしてくれるものなので単純に便利。

付属の充電器はやたら大きいので安くて小さいAnker PowerPort III 65W PodAnker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 100Wを使っている。

追加・交換部品

実際の手順に関してはThinkPad T14 Gen 1 SSD換装(純正SSDから交換) - ThinkPad while drinking Whiskyが詳しい。

追記

排気が右側なのでAPUをぶん回しながらマウスを使うと熱い。
その代わり大きな排気口とファンのおかげで排熱には優れている様子なので良し悪し。
GPU性能が重要でないものならゲームも快適に遊べるがディスプレイの性能は良くないので動きの激しいゲームはしんどい。

解像度1920x1080、スケーリング125%で使っているが一部のインターフェイスなどがぼやけた状態なのが惜しい。
これはWindowsが悪いとも言えるのでMicrosoftには頑張ってほしいところ。

メモリを32GB積んでいてもVRAMに512MBしか予約されていなかったのでBIOSから最大値の2GBに変更した。